寝かせ玄米(酵素玄米)はなぜカラダに良いのか!?




最近は健康ブームってこともあり玄米を食べてる方も多いかと思います。

なぜ寝かせ玄米はカラダに良いのか説明していきましょう!

寝かせ玄米とは?玄米とは違うの!?

玄米、小豆、塩と入れて炊いた後に3日間ほど寝かせて食べる玄米のことを寝かせ玄米と言われています、別名では酵素玄米とも言われています。

そもそも玄米とは、精米されていないお米のことです。

一般で食べている白米は精米されているものになります。

最初に籾(もみ)から殻を取って玄米にします、その後ぬかを除去して白米になっていきます。

玄米はぬか層がついた状態のことをいいます。

なぜ玄米はカラダに良い?

なぜぬか層が付いた玄米はカラダに良いのでしょうか。

その他玄米には食物繊維・ビタミン・ミネラル・が含まれており栄養素が高いです。

白米は美味しく食べやすくするためにぬか層を除去してますがその分栄養素も削り落とされています。

食物繊維は白米の約6倍

白米と寝かせ玄米のカロリーに差はほとんどありませんが、玄米には白米の約6倍の食物繊維が含まれています。

食物繊維が多いとなにが良いかというと便秘予防に良くなります。

食物繊維は便通を良くして腸内環境を整えてくれます、ダイエットにも欠かせないですね!

GABA(ギャバ)成分

GABAって聞いたことありますか!?

よく見かけるのはチョコレートですよね!

寝かせ玄米にもGABA成分があり日常生活のストレスを和らげたり集中力がアップしたります。

その他血圧を下げる効果もあるらしいですよ!

なぜ寝かせ玄米が流行ってるのか

元々私も玄米は苦手でした、固くて匂いもあまり好きになれませんし、消化に悪いと言われていましたし。

それに比べて寝かせ玄米は匂いもなくもちもちして食べやすいです。

3日間眠らせてることによりGABA成分が増えて、栄養素が体に取り込みやす状態になってるため栄養バランスが一番良い状態と言われています。

 

まとめ

最後に寝かせ玄米がなぜ良いかまとめると

・寝かせ玄米には栄養素が豊富

・食物繊維が白米の約6倍

・GABA成分でストレスを和らげる

・寝かせることにより食べやすく匂いもなくなる

ぜひ食べたことない人は食べてみてはいかがでしょうか!

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です