同棲生活を1年半して生活費や買ってよかったものなどのまとめ




同棲生活を1年半してました。今は結婚してますが同棲生活してた彼女が今の奥さんです。

初めての同棲生活だったので生活費や必要物はなにかわからんくて最初は大変でした。

ネットで検索してもあまりたいして情報が出てこなかったりしたので、今後ほかのかたに参考になったら嬉しい。

家を探す

まず二人で住む場所を探さないといけません。「どのくらいの広さがあればいいのか」「家賃はいくらぐらいが妥当なのか」などわからないことがたくさん。

 

私達が最初に行ったことは住む場所の条件を絞ること、条件を絞ることによってどのような家に住みたいが決まりやすいので会議を行いました。

二人で話した結果以下の条件に決まりました。

絞った条件
・防犯のため二階以上の賃貸がいい

・二人で住むため絶対風呂とトイレは別々

・寝るタイミングとかお昼寝を考えて2つ以上部屋があること

・お互い仕事をしてるのでスーパーが近くにあると便利

 

逆に諦める点なども考えてます。

諦めた点・妥協した点など
・贅沢なのでお風呂の追い焚き機能を諦める

・駅から10分かかるけど歩くのは苦にならないので問題なし

・築年数は20年以内なら問題なし

この条件を不動産に伝えて探したら思った以上に良い物件が見つかったのでよかった。

場所は埼玉で広さは2DKの家賃7万ぐらいです。初めて同棲生活をやるならそこまで贅沢しないで最低限に住める広さがあればいいと思う。

 

初期費用

初期費用は25万ぐらい。プラスαで引っ越し代や最低限必要な物を購入したので30〜35万はかかってたと思う。

 

生活費とか

最初の頃

同棲生活の頃から生活費は色々試して改善してました。

 

最初は「家賃」「光熱費」「食事」「日用品」などだけお互いにお金を出して払っていました、かかったお金は約15万ぐらいで給与が多い私が少し多く出しています。

残りの「保険」「スマホ代」「奨学金」などは個人的に払って残った分も個人的に自由に使っていいスタイル。

 

プロポーズ〜結婚後

プロポーズして結婚が決まった後に生活費の見直しを行いました。

1年後に結婚式が決まったので結婚式費用や貯金をするためにお小遣い制に変更。個人で使える自由なお金は減るけどこれが一番貯金しやすいのでおすすめ。

 

給与をお小遣いの月2万円以外は全て共通の口座に移して生活費を引いて残ったお金は結婚式費用や貯金などにまわします。

 

生活費用の内訳

生活費用の内訳を1年間で平均すると以下の金額ぐらいになります。参考までに。

費用内訳
・家賃:70,000円

・食費:42,000円

・日用品:21,000円

・電気:6,100円

・ガス:10,000円

・水道:4,300円

電気とガスは季節によってかなり変動があります。プロパンガスは都市ガスより倍以上かかるので部屋を探す時その値段も考えて住む部屋はさがしてた方がいいです。

うちはプロパンでした。

 

家計簿

家計簿つけましょう。

毎月振り返りができるのでふたりで改善していきたい費用などがわかり楽しいです。

引っ越しした際も「都市ガスとプロパン全然値段違う」などわかります。

私たちは無料のスプレッドシートに作成して入力してだけ。なにかおこった時に最低限の生活費費用などが把握できる。

 

家事

家事の分担は決めていません。

担当を決めてその家事をやってないと喧嘩なったりするのでお互い時間がある方がやるようにしてます。

お互いなんでもできるようになってればどちらかがいない時や倒れた時にできるようになるので決める必要はないと思う。

 

決めてはいないけれどうちはこんなかんじでやっています。

  • 料理:基本奥さんが作るがいなければ自分も作れるので問題なし
  • 洗濯:自分の方がやることは多いが忙しければ奥さんがやってくれてる
  • 掃除機:毎週休日に暇な方がやるようにしている
  • ゴミ捨て:気づいたほうがやる

 

人間完璧ではないので忘れたりするのでお互い助け合って家事をしていきましょう。

 

買ってよかったもの

冷蔵庫

一人暮らしで使用していた冷蔵庫は小さかったので同棲生活と同時に購入しました。

買い物は1週間に1回で買いだめするので大きい冷蔵へ。同じことを考えてるなら375リットルぐらいは必要だと思う。

うちで使ってる冷蔵庫がなかったので似てる冷蔵庫を貼っときます。

 

ダイニングテーブル

ご飯を向き合って食べたり話し合いの時に使ってます。

少し部屋は狭くなりますが奥さんと向き合って話ができるため購入してよかった。

 

フライパン

新しく変え買えると料理が楽しくなる。フライパンはアイリスオーヤマを使用してます。

 

キッチン下棚

同棲生活すると物が増えるのでキッチン下に設置すると整理しやすい。

パイプがあっても設置できるし伸縮タイプなので引っ越ししても使える。

 

ヒーター

部屋が多くてエアコンがないならヒーターを購入した方が安くすみます。

 

Fire TV Stick

YouTubeなど一緒に見てたら共通の会話増えるので楽しい。おすすめの動画とかあると「あの動画楽しかったよ」ってすぐみれるので便利

その他

同棲生活とは関係ない買ってよかった物なども書いたりしてます。

2018年に買ってよかった商品7選

2018.12.30

 

やってよかったこと

親への挨拶

親への挨拶は絶対やったほうがいいです。

「緊張」「面倒くさい」など思ったりする人もいるかもしれませんがやって損することはありません。

結婚を考えて同棲生活をするならなおさら。結婚後も良い関係が作れます。

 

感謝を伝える

同棲生活が慣れてくると相手が行ったことが当たり前に思えてくることがあります。

「ありがとう」「料理美味しかった」などは伝えるようにしましょう。同棲生活を楽しく過ごせる秘訣の1つです。

 

揃える

物が二人分になるのでなんでも揃えると気持ちいいです。

例えば食器を揃えると食事が楽しくなります。買え揃える時は考えて買ったほうが後々後悔しません。

食器は揃えると楽しくなる

2019.01.21

 

ミーティング

なにかを改善したいとき会議を行います。自分ひとりでは解決できない家のことはパートナーと話し合いをして解決していきましょう。

 

アプリ

買い物とか休日の予定など頭で覚えるのには限界があるのでアプリで共有して運用してます。

どうしてもすぐ予定が知りたい場合や買い忘れがないかチェックするのに便利なので共有して運用した方が絶対効率がいい。

使用しているアプリ
・買い物:Wunderlist

・予定:グーグルカレンダー

・家計簿:スプレッドシート

 

貯金

いつなにがおこるかわからないので貯金は行いましょう。多くて困ることはないです。

 

出かける

毎日家で一緒にいるので飽き飽きすることもあります。そんなときは出かけましょう。

お互いのストレス解消して生活してたら喧嘩も少なくなると思う。

 

日帰りで餃子だけ食べに栃木に行ったり。

【47都道府県】栃木県 餃子を食べる編

2019.01.04

友達に進められたカフェに行ったら癒やされたり。

川口の一軒家を改装したsenkiyaカフェで癒やされてきた

2019.01.14

美味しいランチをキメてきたり。

横浜マリンタワーで美味しいランチをキメてきた

2019.01.20

 

まとめ

同棲生活でのまとめはこんなかんじ

・二人でお話あって家を探す

・初期費用30〜35万ぐらい

・生活費15万ぐらい

・家事は分担しなくても問題ない

・親には挨拶は必要

・コミニケーションを大切に

ざっとこんなかんじです。

二人で生活してたら色々なことが改善できる部分ができて二人で会議などしてたりするので楽しく生活できてます。

これから同棲生活するカップルに少しでも参考になったら嬉しいです。