Macでショートカットキー覚えたら楽になる




MacBookを使用して数年立つがWindowsからMacに乗り換えした時はそれなりに不便を感じて使用していた。その中でも1つとしてショートカットキーがわからない問題。

MacとWindowsで感覚的にわかるショートカットキーもあればまったく違うものもあるので最初は戸惑ったりする。

なのでこれからMacを購入する人・Macを使用してるけどショートカットがまったくわからない方に参考にしてほしい。

 

基本操作

まずどんな作業でもよく使うショートカットキーを紹介する。使用頻度も高いしWindowsとあまり動作が変わらないので覚えやすい。

「Command」 + 「A」 全て選択
「Command」 + 「C」 コピー
「Command」 + 「V」 ペースト・貼り付け
「Command」 + 「Z」 直前のコマンドを取り消し
「Command」 + 「S」  ファイルを保存

日常的にでよく使うコマンドなので覚えておこう。

 

「Command」 + 「F」 検索
「Command」 + 「G」 次のキーワードに進む
「Command」 + 「shift」+「G」  前のキーワードに戻る

テキストやWeb上でよく使用する検索ショートカットキーは知っている人が多いが「次のキーワードに進む」「前のキーワードに戻る」はあまり知られていないので一緒に覚えておくと便利。

 

「Command」 + 「T」 新規タブ追加
「Command」 + 「W」 タブを閉じる
「Command」 + 「N」  新規ウィンドウ

こちらもテキストエディったやネットサーフィンをしてる時に使えるショートカットキー。シークレットウィンドウを開きたい場合は「Command」 +「shift」 + 「N」で開くことが可能である。

 

「Command」 + 「O」 ファイルを開く
「Command」 + 「P」  プリント

個人的にはあまり使用しないショートカットキー。

書類等の操作やプリントする機会が多い人にはおすすめ。

 

フォルダ操作ショートカットキー

次はフォルダー操作でのショートカットキーについて説明したいと思う。

トラックパッドをポチポチ押して操作するのもいいけど音が気になったり押し疲れが発生する場合もあるのでそんな時に覚えてたら楽になる使う頻度は結構高かったりする。

Finder表示切り替え

「Command」 + 「1」 アイコン表示
「Command」 + 「2」 リスト表示
「Command」 + 「3」 カラム表示
「Command」 + 「4」  ギャラリー表示

リスト表示はフォルダー移動に使いギャラリー表示は画像など見る際に使っている。この中でもよく使うのはリスト表示とギャラリー表示である。

 

Finder移動

「Command」 + 「上矢印」 上のフォルダへ移動
「Command」 + 「下矢印」 ファイルやフォルダを開く
「Command」 + 「右矢印」 フォルダ内のリストを表示
「Command」 + 「左矢印」  フォルダ内のリストを非表示

Finder内を移動する時に知ったたら便利なショートカット類


スクリーンショット

「Command」 +「shift」+「3」 画面全体スクリーンショット
「Command」 +「shift」+「4」 選択スクリーンショット
「Command」 +「shift」+「4」 + 「space」 アクティブのスクリーンショット

あまり知られてないのがアクティブのスクリーンショット選択するよりもアクティブのスクリーンショットの方が効率がいい場合は覚えてくと便利。