パナソニック NA-VX8900ドラム式洗濯乾燥機レビュー|仕事から帰ってきたら畳むだけになった




ドラム式洗濯乾燥機をついに購入しました。

タイトルを見てわかるように購入したのは「パナソニック NA-VX8900」です。

購入して1ヶ月以上たったのでそろそろ実際に使ってみて良かったところ・悪かったところを本音でレビューしたいと思います。

少しでも参考になったら嬉しいです。

では早速いきましょう。

良かったところ

外に干さなくなった

今まで縦型の洗濯機だったので洗濯後ハンガーにかけて外に出す、乾いたら取り込んでハンガーから外すって作業を行ってましたがそれがなくなりました。

後、外に干さないことだけでメリットが2つあります。

  • 天気に左右されない
  • 花粉が付かない

私が一番嬉しいのは花粉が付かないこと。花粉症なので4月頃はいつも部屋干しにしてますが乾きがよくなかったりするので『部屋に干すのは嫌だなー』と思っても外に出すと花粉がついて鼻水が止まらなくなります。

今年からはそんなこと関係なく乾かして畳むだけになるので気にしなくて良いのが最高ですね。

自動洗剤投入

自動洗剤投入はあまり欲しい機能ではなかったのですが、使ってみてめっちゃ便利だと気づきました。

1週間に1回ぐらい投入すれば毎日洗濯しても洗剤はなくならないので楽です。作業としては『汚れ物を入れる』『ボタンを押す』だけになります。

洗濯洗剤も詰替え用から直接入れてるので安くすみます。

時間に余裕ができる

うちでは朝起きたらタイマーで洗濯が終わってる状態にしてたので干して仕事に行ってましたが今では仕事が終わる時間に乾燥まで終わらすようにしてるので仕事から帰って来たら畳むだけになります。

どうしても疲れてる時や時間が無いときは畳むことも諦めて洗濯機から洗った洋服をカゴに入れるだけにします。その時は手間はゼロに近いです。(けどできるだけ畳むようにはしますが…)

 

悪かったところ

ゴミ取り

ドラム缶を購入して初めてしったのですが、乾燥機能を使うと毎回乾燥フィルターのゴミを取らないといけません。

そのまま放置してると乾きづらくなったり乾燥が時間かかったりするらしいので毎回欠かせず行います。けど洗濯を干す作業に比べたらすごい楽です。

それもなれたらあんま面倒くさいくもない作業でもあります。

乾燥できない洋服

すべての洋服乾燥できるわけではないので乾燥できないものは別に洗濯だけする必要があります。

その時は1日に2回洗濯を回さないといけないので面倒くさいです。

 

まとめ

それなりに値段は高いけど洗濯機を買い換える予定があるんだったら縦型よりドラム缶が絶対いいと思います。

1つ家事がなくなったと思えるぐらい洗濯が楽になるたので『嫌だなー』って気持ちが『楽しいー』になります。

ドラム缶洗濯乾燥機も1つの選択枠にいれてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です