薄い財布とマネークリップを簡単に比較してみた!




薄い財布とマネークリップを色々な角度から比較してみました。

今回比較する対象は「薄い財布:FRUHのスマートウォレット」と「マネークリップ:STORUS(ストラス)」となります。

詳細

薄い財布とマネークリップの詳細がこちらです。

薄い財布 マネークリップ
サイズ 9cmxヨコ10.5cmxマチ1cm 縦5.5×横7.5×厚さ1.8cm
重量  38g  27g
表地 牛革/裏地:ナイロン ステンレススチール
カード

こうやってみると圧倒的にマネークリップのほうが良さそうにみえるので詳しくみていきましょう。

サイズ

重ねてみたらやっぱり薄い財布よりマネークリップが小さいです。

ズボンの前ポケットにも入ることもあり、さすがマネークリップですね。

 

薄さには差はあまりなさそうです。

薄い財布を長く使ってるので膨らんで厚さがあるように見えますが、あまり変わりませんね。

重量

薄い財布は38gです、さすがに軽いですね。

マネークリップも27gと軽いです。

 

どちも同じぐらいでなのでたいして変わらないですね。

カード収納

標準で記載されているカード枚数は薄い財布4枚、マネークリップ6枚となっています。

無理やりカードを入れるとどうなるか試しました。

マネークリップは7枚になると入らなかったのでやっぱり最大6枚でした。

薄い財布は1つのポケットに2枚ずつ入れれば8枚は入りました!

カードは薄い財布の方が多く入るみたいです。

 

まとめ

薄い財布とマネークリップを重量やカード枚数で見ると差程違いはないので使用する人によって購入を考えたほうがいいと思いました。

現金派の人は薄い財布

【ミニマリスト必見】FRUH(フリュー)の薄い財布を2年使ってみたレビュー

2018.05.12

クレジット派の人はマネークリップ

【ミニマリスト】STORUS(ストラス)マネークリップを買ってみたレビュー

2018.05.14

 

ミニマリスト記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です