東京オリンピックチケットのID登録方法!チケット購入には必須!!!




東京オリンピックまで少しずつ近づいてきて「チケットってどうやって手に入れるんだろう」と思って調べて見るとまずオリンピックID登録が必要らしい。

 

東京オリンピックのチケット販売は2019年春に抽選申込み開始でパラリンピックは2019年夏を販売開始されると発表されています。

現在行われてる東京オリンピックのチケット抽選申込もオリンピックIDが必要になります。すごいアクセスが集まってるみたいなので早くID取得しましょう。

抽選申込受付期間:2019年5月9日〜5月28日

チケットの抽選結果発表は2019年6月中旬以降となります、なんかまだまだのようにみえてすぐそこですね。

チケットの抽選結果は2019年6月20日となります。

 

私も抽選申込行いましたがすごく大変でした。こちらの記事に書いてるので暇だったらみてください。

東京オリンピックチケット抽選申込で電話につながらないため電話認証できなかったけど70回かけたらつながった

2019.05.10

 

それではオリンピックID登録方法へ

東京オリンピックを申し込む前に事前にオリンピックIDを登録しなければなりません。現時点で行えるのはID登録のみです。

  • ID登録開始日:2018年7月20日(金)

 

東京オリンピックIDは購入だけではなくチケット情報が早く入るので見逃さず忘れることもありませんので早めに登録することがおすすめです。後でやろうと思っていつの間にかにチケット売り切れとかになったら絶対後悔する!

 

まだまだ期間に余裕がありますが東京オリンピックIDは3〜5分もあれば登録はできるので、東京オリンピックID登録方法を画像付きで解説します。

TOKYO2020からIDの仮登録

まず以下のリンクからオリンピックid登録サイトにアクセスします。

TOKYO2020サイト

以下の画面が表示されるので右側の「TICKET ID 登録受付中」をクリックしましょう!

 

以下の画面が表示されますので「新規登録はこちら」の部分にメールアドレスを入力して、「仮登録メールを送信」をクリックします。

こちらは仮登録なので登録したメールアドレスを開いて本登録を行っていきましょう!

 

ID仮登録メールからid本登録を行う

オリンピックからメールが届いています。

メールを開いてみると本登録のリンクがありますのでそちらをクリックして開きます。

東京オリンピックからのメールが届いてない場合、迷惑メールフィルタで届かないようになってないか確認してください。

24時間を経過すると仮登録は無効となり最初から手続きを開始しないといけなくなりますので早めに本登録を行います。

 

プロフィール登録

メールのリンクを開いたらプロフィール登録画面が開きます。

プロフィール登録内容
・名前

・名前(全角カナ)

・郵便番号

・都道府県(必須)

・住所

・電話番号

・FAX番号

・生年月日

・性別

・大会に関するメールマガジン

・パスワード

・パスワード(確認用)

・利用規約と個人情報同意

すべて入力は必須ではありませんが、オンラインショップで買い物をしたいと思っている方は「FAX番号」以外は入力してた方が後々楽になります。私もFAX以外は入力しました。

 

全て入力が完了したら「好きな競技の登録へ進む」ボタンをクリックします。

 

好きな競技の登録(オリンピック)

こちらで好きな競技の登録を行います。

1つも選択しなくても次の画面に進めますが、好きな競技があるなら登録しておいたほうがいいです。

今回新しく追加された種目に対してはサムネイルに「NEW」になっているのでわかりやすい。選択したら下までスクロールして「次に進む」ボタンをクリック。

 

好きな競技の登録(パラリンピック)

次はパラリンピックの好きな競技登録です。

こちらもオリンピックと同じで選択しなくても次の画面に進めますが、好きな種目があれば選択しましょう。

選択したら下にスクロールして「登録情報の確認に進む」ボタンをクリックします。

 

 ID登録情報の確認

登録情報の確認画面が表示されますので問題なければ下までスクロールして「登録」ボタンをクリックします。

 

最後に以下の画面が表示されたら登録は完了です。

東京オリンピック開催日

開催日は以下となってるため、事前にスケジュールを空けときましょう。

開催日
・オリンピックの開催日 2020年7月24日(金) ~ 8月9日(日)

・パラリンピックの開催日 2020年8月25日(火)~9月6日(日)

 

値段

チケットは33競技発売されており、種類はA席からE席まで5種類に設定されております。

開会式のチケットは1番安くて1万2,000円から、競技の一般チケットは1番安くて2,500円から購入となっております。

価格は半分以上が8000円以下で購入できる値段となっております。

良い席だとそれなりに高くなるらしく、最高額は開会式で30万もするのだとか。

 

以下が公式のチケット最低価格と最高価格なので観戦したい競技があるなら事前にチェック!

最低価格 最高価格
水泳(アーティスティックスイミング) 4,000円 45,000円
水泳(飛込) 3,500円 30,500円
水泳(マラソンスイミング) 3,500円 5,500円
水泳(競泳) 5,800円 108,000円
水泳(水球) 3,000円 18,000円
アーチェリー 3,000円 7,000円
陸上競技 3,000円 130,000円
陸上競技(マラソン) 2,500円 6,000円
陸上競技(競歩) チケット販売なし
バドミントン 4,000円 45,000円
野球 4,000円 67,500円
バスケットボール 5,800円 108,000円
バスケットボール(3X3) 3,000円 18,000円
ボクシング 調整中
カヌー(スラローム) 3,000円 10,000円
カヌー(スプリント) 3,000円 9,500円
自転車競技(BMXフリースタイル) 2,500円 10,000円
自転車競技(BMXレーシング) 3,000円 12,500円
自転車競技(マウンテンバイク) 5,000円 5,000円
自転車競技(ロード) 3,500円 5,500円
自転車競技(トラック) 4,000円 14,500円
馬術(馬場馬術) 3,000円 16,000円
馬術(総合馬術/馬場) 3,000円 6,500円
馬術(総合馬術/クロスカントリー) 4,000円 4,000円
馬術(総合馬術/障害) 5,500円 16,000円
馬術(障害馬術) 3,000円 16,000円
フェンシング 3,000円 11,500円
サッカー 2,500円 67,500円
ゴルフ 7,000円 10,000円
体操(体操競技) 4,000円 72,000円
体操(新体操) 4,000円 36,000円
体操(トランポリン) 5,500円 16,000円
ハンドボール 3,500円 20,000円
ホッケー 2,500円 10,000円
柔道 4,000円 54,000円
空手 3,500円 12,800円
近代五種 2,500円 2,500円
ボート 3,000円 9,500円
ラグビー 2,500円 14,500円
セーリング 3,000円 5,500円
射撃 2,500円 5,500円
スケートボード 4,000円 11,500円
ソフトボール 2,500円 25,500円
スポーツクライミング 3,000円 12,500円
サーフィン 3,000円 3,000円
卓球 3,500円 36,000円
テコンドー 3,000円 9,500円
テニス 4,000円 54,000円
トライアスロン 4,000円 8,000円
バレーボール 4,000円 54,000円
ビーチバレーボール 3,500円 45,000円
ウエイトリフティング 2,500円 5,000円
レスリング 7,000円 12,800円
開会式 12,000円 300,000円
閉会式 12,000円  220,000円

 

まとめ

オリンピックID登録を説明してきましたが、登録は3〜5分もあればできる内容でした。

オリンピックチケットの申込みをしたい人なら必ず必要になってくることなので早めに登録をして今から準備しとくのがオススメです。

 

後でやろうと思ってたらいつの間にか「チケット販売日になってた」ってことも起こりえそうですし、登録しとけばオリンピック情報も定期的に届くので色んなイベントが早めにわかったりしますよ!

ぜひ登録してない方は登録しましょう!

 

関連記事

【東京2020】東京オリンピック会場や最寄り駅を調べてみた

2019.02.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です