WordPressでバックアップ!おすすめプラグインBackWPup




WordPress で運営を開始した際に、できれば入れておきたいプラグインBackWPupのインストールと設定方法を説明します。

BackWPupのインストール

まずプラグインの「新規追加」ボタンをクリックしてキーワードに「BackWPup」と入力して検索します。

検索結果に表示されたBackWPupをインストール。

 

インストールされたら「有効化」ボタンをクリックします。

 

バックアップの設定

インストールまで完了したらバックアップの設定を行っていきます。

BackWPupの「新規ジョブを追加」ボタンをクリックします。

 

一覧タブの設定

「このジョブの名前」については自分でわかりやすい名前にすると良いです。

他の項目はデフォルト設定のままで変更を更新ボタンをクリックします。

 

バックアップの保存方法

アーカイブ形式はWindowsの場合は「Zip」、Macの場合は「Tar BZip2」を選択してバックアップファイルの保存方法は「フォルダーへバックアップ」にチェックします。

 

最後に変更を保存を忘れないように。

 

スケージュールの設定

スケジュールタブをクリック。

ジュブの開始方法は「WordPressのcron」を選択します。

 

スケジューラーの種類は「基本」にします、スケジューラーはどれぐらいの単位でバックアップをしとくかによって変えます。

私の場合は毎週日曜の6時にバックアップを取得するように設定しました。

 

スケジュールの設定ができたら「変更を保存」ボタンをクリックします。

 

DBバックアップの設定

こちらについてはバックアップファイルの圧縮欄を「GZip」にチェックをするだけで問題ありません。

変更したら「変更を保存」ボタンをクリックします。

 

設定についてはこちらで完了です。

 

バックアップの確認

ここではバックアップの設定が正常か確かめます。

まずBackWPupのジョブをクリックします。

 

先程追加したジョブ名で次回の実行時刻が正しければ問題ありません。

スケジュール通りバックアップを取らなくても「今すぐ実行」ボタンをクリックすればすぐバックアップが開始されます。

BackWPupのインストールから設定の説明は以上。

 

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です